車のローンを組む場合の一般的な年数とは?

中古車探しはズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

車を購入する際、ローンを組む人は全体の6割と言われています。

ローンを組む場合、年数によって月々の支払額や利息が変わってきますので、自分の収入や購入する車の金額を考慮して組まなければいけませんよね。

では、ローンを組む場合、一般的には何年にしているのでしょうか。

一般的なローン年数は?

結論からお話すると、一般的なローン年数は3年5年です。

割合としては、3年・5年で組む人が9割と言われています。

ではなぜ、3年・5年が一般的なのでしょうか?

それぞれのメリットを見てみましょう。

3年の場合のメリットとは

ローンを3年で組んだ場合は、

車を高く売るなら「ユーカーパック」ほかの一括見積サイトと違い”電話”も”査定”も1社のみでOK!時間も手間もかからず高く売れる!   >>ユーカーパックで今すぐ見積り!
  • 毎月の支払額が若干抑えめになる
  • 支払利息も若干少なく済む。

というメリットがあります。

他の理由としては、一括で買える貯金はあるが冠婚葬祭やケガ・病気など万が一に備えて残しておきたいと考える人も、支払利息が少なく毎月の支払額もほどほどの3年を選ぶケースが多いです。

5年の場合のメリットとは

ローンを5年で組んだ場合は、

  • 毎月の支払額がかなり抑えられる

というメリットがあります。

このため、フリーターや新卒の社会人など、収入が少なめな若者がよく5年でローンを組んでいます。

しかし、5年となると支払利息も増えてしまいます。

中古車探しはズバット車販売の中古車お探しサービス!欲しい車の情報を登録するだけで未公開車を含めて中古車選びのプロが紹介してくれます! >>中古車お探しサービスのズバット車販売で今すぐ車を探す

これはデメリットではありますが、毎月の支払額を負担にならないようにするための必要経費と割り切ることも大事です。

3年・5年以外はどうなの?

他には、1年・2年・7年・10年などありますが、利用する人は少ないです。

1年~2年になると、毎月の支払額が高くなってしまい、支払いが辛くなってしまうこともあります。

7年・10年となると毎月の支払額は大きく減りますが、支払利息が大きく増えてしまいますので、損をしてしまいます。

また、7年・10年ともなると結婚、出産や転勤などの人生の変わり目があったり、車も経年劣化によって故障したりメンテナンス費用の高額化や、思わぬ事故で破損してしまう可能性などもあります。

ローンの年数が長いと、このようなリスクが予想しづらくなるというデメリットがあるため、あまり選ばれない年数となっています。

3年・5年でローンを組んだ場合のシミュレーション

一般的には3年・5年でローンを組む人が多いと言われても、実際にどの程度の支払額、利息になるかわからないと不安ですよね。

そのため、以下の条件でシミュレーションした内容を表にしましたのでご覧ください。

  • 車体価格:200万円
  • 金利:3%
  • 頭金なし
  • ボーナス支払いなし
  • 元利均等返済(返済額が一定)
3年 5年
毎月の支払額 58,162円 35,937円
支払総額 2,093,832円 2,156,212円
支払金利 93,832円 156,212円

3年の場合は、毎月の支払額は6万ほどで支払金利が10万を切るため、一括は無理だけど支払金利は抑えたいという人にはおすすめできます。

5年は毎月の支払額が4万を切るため、支払いの負担が低くなりますが、その代わり支払金利が15万ほどと高くなっていますね。

一般的なローンの年数は前述したように3年~5年ですが、このように数字で見ると、自分に合ったローンの年数がわかりますので、自身の収支状況を調べたうえで、自分でシミュレーションしてみるのもよいでしょう。

シミュレーションの際に便利なホームページなどもありますので、おすすめを紹介しておきます。

>>ローン返済額シミュレーション

中古車探しは、ネットでする

自分で店舗を1つずつ回るのは、面倒くさいし時間もかかります。

時間を使わず探せる方法としておすすめなのが、中古車お探しサービスのズバット車販売というところで、希望の車の条件を入れて申し込むとプロが条件に合った車を探して連絡をくれるので、いちいち自分で探す必要がありません。

車に詳しいわけでもない限り、実際にお店で車をチェックしたところで、状態の良し悪しはよくわからないものです。

実際に私が購入した車はモノが良く、半年ほど走ったところでメンテナンスしてもらいましたが、特に問題もなかったので、良い買い物ができたと喜んでいます。

よほど車の知識に自信があるという人でもない限り、こういうサイトを利用することをおすすめします。

車を高く売る方法

頭金を入れると借り入れ金額が減るので、当然支払金利も減ります。

車を高く売って少しでも頭金を入れましょう

車を高く売るには、一括査定サイトを利用するのがセオリーと言われていますが、実際は複数の買取業者から電話がかかってきて対応が面倒ですし、それぞれに名前や住所などの個人情報が流れてしまうので不安です。

そこで私が利用したのはユーカーパックという業者で、一括査定サイトと違い1社からしか電話がかかってこないうえ、他の業者に個人情報が流れません。(流れるのは車の査定情報のみ)

さらに、初めに自分の希望する買取価格を提示することができ、それを超えなかったらキャンセル可能な点も安心できました。

私のように、「高く売りたいけど複数の業者から電話がかかってくるのはイヤだ!」「面倒な交渉事はしたくない!」という方は、ユーカーパックに申し込むことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする